マガジンのカバー画像

らじおのこと

6
「らじおのこと」では、2023年春に開局する栗山のコミュニティFMの内容を映像や音声で記録するマガジンです。
運営しているクリエイター

記事一覧

#3 Radioでキャッチボール!栗夢プラザからこんにちは!!vol.3|らじおのこと

前回は、2021年2月に開催したイベントの報告を行いました。 今回は、2月10日と24日、26日に開催した内容をお伝えします。(本イベントは「栗山町イベント共通ガイドライン」に基づき実施しました) 2月のPRイベント報告栗夢プラザ開催 2月10日(木)・24日(木) 前回と同様に、ラジオの雰囲気を感じてもらうために、実際のラジオ放送のようなスタジオを構えてスタートしました。地域おこし協力隊の深澤雅一(まさかず)さんと商店街の人たちが参加し、公開放送のような雰囲気でイベン

スキ
8

#2-2 ラジオで広がる新しい世界(2/2)|とくしゅう

前編では、栗山町にできるコミュニティFMの役割について紹介しました。 後編はラジオの設立に関わるお二人を紹介します。 どこにもないラジオ 言葉でキャッチボール! 「少年時代からの夢の延長線上にラジオがずっとあった」と話す深澤雅一(まさかず)さん。札幌のコミュニティFMの開局メンバーとしてマイクを前にして24 年。本町の地域おこし協力隊(コミュニティ放送局プランナー)となり、PRイベントなどを行いながらラジオの魅力を多くの人に伝えています。精力的に活動する深澤さんに開設する

スキ
10

#2-1 ラジオで広がる新しい世界(1/2)|とくしゅう

地域と密着した情報を提供するコミュニティ放送局[1]。栗山町では現在、放送局の開設に向けた準備を進めています。今回の特集では、開設に向けたこれまでの経緯や目指す放送局についてお伝えします。 コミュニティを作るメディアとしてコミュニティ放送局(以下「コミュニティFM」)は、地域の特色を生かした番組や地域の方々が参加する番組、行政からの情報、緊急情報など、きめ細かな情報を発信することができます。 マチに放送局ができることにより、誰もが簡単にラジオで情報を得られるようになります

スキ
10

#2 Radioでキャッチボール!栗夢プラザからこんにちは!!vol.2|らじおのこと

前回は、2021年12月に開催したイベントの報告を行いました。 今回は、1月13日と27日に開催した内容を報告します。(本イベントは「栗山町イベント共通ガイドライン」に基づき実施しました) PRイベント報告(2022年1月13日・27日)1月13日・27日の概要 実施月日:2022年1月13日(木)・27日(木) 放送時間:(昼の部)11:00~14:00 (夜の部)19:00~21:00 放送場所:まちの駅 栗夢プラザ 今回も前回と同様に、ラジオの雰囲気を感じてもらう

スキ
9

#1 Radioでキャッチボール!栗夢プラザからこんにちは!!vol.1|らじおのこと

先日、くりやまのおとで「らじおのこと」というコンテンツを立ち上げました。2021年10月から深澤雅一(まさかず)さんがコミュニティ放送局プランナーとして地域おこし協力隊に加わり、栗山町発となるコミュニティFMの開局を目指し活動しています。 2021年12月15日・16日にPRイベントを開催しました。今回はそのイベントの内容について紹介します。 PRイベント報告(2021年12月15日・16日) ラジオの雰囲気を感じてもらうために、実際のラジオ放送のようなスタジオをまちの

スキ
10

#0 まちの音をラジオで伝える|らじおのこと

「らじおのこと」のコンテンツとは北海道栗山町では、2023年3月に完成する栗山駅南交流拠点施設「栗山煉瓦創庫くりふと」内にコミュニティ放送局を開局する予定[1]しており、栗山の魅力を伝えるラジオ放送を開始します。 開局に向けて具体的な準備を進めていくため、2021年10月に24年間ラジオパーソナリティを務めてきた深澤雅一さんが地域おこし協力隊(コミュニティ放送局プランナー)として、着任しました。 神奈川県藤沢市生まれ。札幌や小樽、北広島のコミュニティ放送局などでラジオパソ

スキ
9