#7 出初式から始まる栗山町(1/2)|まちのこと
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

#7 出初式から始まる栗山町(1/2)|まちのこと

くりやまのおと
鈴木一行(かずゆき)団員による「鯱(しゃち)」。消防署横のこども園で園児たちに披露した

みなさま、明けましておめでとうございます。今年も「くりやまのおと」を
よろしくお願いします。新年の書き初めは栗山消防団「出初式」を紹介します。

新春の風物詩として、火災への予防意識の向上のために行われる出初式。全国各地で行われており、ここ栗山でも仕事始めとなる1月6日に開催しました。昨年は新型コロナウイルスの影響により中止となったため、2年振りの式となりました。

前編では簡単に出初式の様子を紹介します。

令和4年栗山消防団出初式の様子

登梯(とてい)、木遣り(きやり)

画像6

緑のはっぴを着た団員たちが足場を作り、中央の登梯員がはしごを登る

画像5

渡部将太(しょうた)団員による、はしご乗りの開始を告げる「達磨遠見(だるまとおみ)」

画像6

はしごの周りには4種類の纏(まとい)が舞う

画像3

休憩時にボランティアが作った豚汁を食べる団員たち

画像1

仲井浩祐(こうすけ)団員による「一本八艘(いっぽんはっそう)」。はしご乗りは商店街を中心に町内9カ所で実施した

画像4

役場では多くの町民が見守る中、田中成明(しげあき)団員が「肝潰し(きもつぶし)」を披露

分列行進

画像8

画像7

栗山消防団に所属する133名が商店街を行進する

式典

画像9

鈴木英雄(ひでお)団長による訓示

後編では、出初式の歴史や栗山での成り立ちなど、少し掘り下げて解説します。

※ 本稿は、2022年1月6日に行われた出初式をもとに作成しています。

文章・写真:望月貴文(地域おこし協力隊)

この記事が参加している募集

この街がすき

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでいただきありがとうございます。Instagramでも、栗山の音が溢れています。ぜひご覧ください!!

うれしいです。また見てくださいね。
くりやまのおと
北海道栗山町の公式note。「栗山の音を、書き留める・積み重ねる・継ぎ合わせる」を目的に、栗山のヒトやモノ、コトに焦点をあてた記事を掲載しています。くりやまのおとInstagram:https://www.instagram.com/kuriyamanote_official/