「くりやまのおと」へようこそ
見出し画像

「くりやまのおと」へようこそ

皆さま、はじめまして北海道栗山町です。2021年7月より町の公式note「くりやまのおと」をスタートしました。TOP画像は、ハサンベツ地域にある里山で、子どもたちが田植えした稲が実った様子です。ここ栗山では「ハサンベツ里山」を中心として、自然教育に力をいれています。

TOP画像:第5回くりやま景観フォトコン応募作品「ハサンベツの秋」

くりやまのおとも、この稲穂と同じく、頭が垂れるよう成長していければと思います。

画像6

小学生が行う田植え体験の様子。田植え以外にも稲刈りや生き物観察など、自然体験学習を通じて、町内の大人との世代間交流も生まれている。

まずは、note立ち上げにあたり「くりやまのおと」のコンセプト、誰に読んでほしいか、誰が発信しているか、どんなコンテンツを発信していくのか、の4つを簡単に紹介します。最後までお付き合いいただけると嬉しいです。

「くりやまのおと」のコンセプト

くりやまのおとは、栗山の音を、書き留める・積み重ねる・継ぎ合わせる、がコンセプトです。

栗山町では、活動をする人やイベントの舞台裏、町が進める事業など、日々の生活や活動の中で発せられる、さまざまな「音」があります。これらは記録しにくいものではありますが、くりやまのおとでは、この音を「情報」とし書き留め、栗山のリアルを表現していくオウンドメディアです。

町公式ページを、アナログレコードでいう「A面」であれば、くりやまのおとは「B面」。ホームページや広報誌などに掲載しきれない情報を積み重ねる場としての役割を担います。

将来的には積み上がった情報をもとに、これからの栗山町のイメージを継ぎ合わせることができるようなメディアとして貢献できるよう、発信を続けていきます。

誰に読んでほしいか

栗山町に住む人、住んでいなくても栗山町に好意を持っている人に読んでもらえるよう、読んで楽しんでいただくコンテンツになるよう、執筆を続けていきます。

例えば、学校や職場で普段、一緒にいる人がくりやまのおとに登場していて、どのような想いで活動をしているかを知り、関係する人の中で会話が弾んだりすれば、執筆者としてうれしい限りです。

もちろん、栗山町を全然知らない人でもコンテンツを楽しんでもらい、くりやまのおとを通じて、栗山町や北海道の魅力を感じてもらう発信を心懸けていきます。

誰が発信しているか

くりやまのおとは、栗山町地域おこし協力隊の2名で執筆します。

望月写真z

栗山町地域おこし協力隊 情報発信プランナー 望月 貴文
主に文章を担当。10年以上、北海道庁に勤めたあと、退職と同時に北海道大学公共政策大学院に進学。リカレント教育の最前線で地域政策や政策学を学ぶ中、自治体の現場に身を置きたいと考え、2021年4月より栗山町へ移住。
最近の楽しみは、某ゆるいキャンプの影響を受けた自宅庭での野外活動。

長さん写真

栗山町地域おこし協力隊 観光交流マーケター 長 広大
主に撮影を担当、札幌出身。5年間の会社員生活の後、日本全国を散歩しながら47都道府県を放浪。その後、ウェブ制作・地域交流プログラムの企画運営などに携わる。2021年3月より栗山町へ移住。
趣味は散歩、里山で虫や植物を見つけること、自然と戯れること。

当面はこの2名で発信していきますが、少しずつ執筆者を増やしていく予定です。

どんなコンテンツを発信するのか

まずは「くりやまのひと」。栗山町に生活し地域を支える人に焦点を当て、地域に住まう人が、どのような想いで生活をしているのかを深く記述することで、それぞれが持つ栗山町の魅力とは「何か」を可視化していきます。

それ以外にも、栗山の生活で感じたことなどを整理したり、役場職員から聞く企画や、実際に執筆者が参加したイベントの体験録など、ライブ感のある投稿も行います。

いずれも不定期となりますが、月1~2本をペース発信していきます。コンテンツも、執筆者の増加に伴い少しずつ拡大していく予定です。

最後に栗山町の紹介を

栗山町は、北海道空知管内に位置する約1万2000人の町。北海道最大の経済圏である札幌市、空の玄関である新千歳空港、全国有数の港である苫小牧港から車で約一時間の場所に位置しています。

夕張山地と夕張川に挟まれた穏やかな丘陵地帯のなかで農業を基幹産業とする田園都市として発展しています。

42 くりやまカントリーロード

第2回くりやま景観フォトコン入賞作品・季節賞 夏
「くりやまカントリーロード」

33 さらさらレッドと夏のそら

第1回くりやま景観フォトコン入賞作品・グランプリ
 「さらさらレッドと夏のそら」

これ以上の情報は、A面である町公式ページに譲りますが、くりやまのおとでも、少しずつ栗山の裏側も紹介していきます。

今後とも栗山町公式note「くりやまのおと」をよろしくお願いいたします。

文章:望月貴文(地域おこし協力隊) 写真:栗山町役場

くりやまのおとTOP画像

左の写真から

第4回くりやま景観フォトコン入賞作品・季節賞 春
「桜とSL」
第4回くりやま景観フォトコン入賞作品・グランプリ
「咲き誇る」
第6回くりやま景観フォトコン入賞作品・準グランプリ
「紅(くれない)の遊歩道」
第2回くりやま景観フォトコン入賞作品・季節賞 冬
「この地で」

この記事が参加している募集

自己紹介

この街がすき

最後までありがとうございます。Twitterでも情報を発信しています。

スキ。ありがとうございます。
北海道にある人口約12,000人の町、栗山町の公式note。「栗山の音を、書き留める・積み重ねる・継ぎ合わせる、オウンドメディア」として、栗山のヒトやモノ、コトに焦点をあてた記事を掲載しています。連絡先:https://note.com/kuriyama_town/message